プロミスでお金を借りる方法は二通り!在籍確認の電話は相談も可能!

プロミスでは即日融資の方法は二通りありますが、時間制限・曜日制限幅の広い即日カード発行がすぐに現金を引き出せるコツです。

即日カード発行の方法

当日中にオンライン契約を済ませ(20:00頃まで審査可能と言われているが夕方までの申込がベストだと思われる)最寄の自動契約機で即日カード発行するとその場でATMで手数料無料で引き出し可能。

 

スマホ・携帯があるならその場でメールアドレス登録とWeb明細利用の登録すれば初回30日無利息サービスも利用できます。


プロミスで最短でお金を借りるには、まず携帯やパソコン、スマートフォンから事前申し込みをしておく必要があります。この事前申し込みは、365日24時間好きな時間に好きな場所で行う事が出来ますが、次のステップである審査の受付は午前9時から午後9時までとなっていますから、すぐにお金を借りたい場合はこの時間帯にも注意をしなければいけません。

審査に通過すると正式な融資可能額についての連絡がきますので、本契約に進むことになりますが、最短で融資を受けたい場合は契約後にその場でお金を借りられる自動契約機か店頭窓口でカードを受け取るようにしましょう。

契約方法は、他にも郵送やWeb手続きがありますが、郵送の場合は契約から借入までのロスタイムが長くなってしまい、Web手続きは契約内容確認後に振り込みによる融資となります。

そのため、出来るだけ短時間で借入を行うには、自動契約機または店頭窓口が最適なのです。自動契約機での申し込みの場合は、近くにプロミスATMが用意されているので、店頭窓口と同じ様に契約後すぐに借入が可能です。

これがプロミスでお金を借りる時の申し込みから審査、契約借入までの最短の流れとなりますが、この他にも早く融資を受けるためのポイントがあります。

 

それは申し込み時の情報を正確に記入すること、契約時に必要な書類を事前にきちんと用意しておく事です。


そして、契約時に必要な書類は現在の住所、氏名生年月日が記載されている身分証明書になります。身分証明書は免許証やパスポート、健康保険証+1点(住民票など)で大丈夫です。

また借入額が50万円以上、他社との借入額を合わせた合計が100万円以上の場合は、身分証明書の他に収入証明書も必要になります。収入証明書とは最新の源泉徴収票や確定申告書、直近2ヶ月分と一年間の賞与明細となりますから、自分の必要な借入額に応じて必要書類を忘れずに用意しましょう。

以上の様なポイントに沿う事によって、すぐにお金が必要な時にプロミスで最も早く借入をする事が出来るのです。

お金を借りるのが初めてなら無利息サービスのあるプロミスから始めよう

プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年利 年4.5%~17.8%
借入可能額 最高500万円

最大金利が低い!無利息サービスもありWEB完結も可能!
カードローン初心者には嬉しい初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)もあり、最高金利も低いので、初めてでも少ない利息でお金を借りることが出来ます。
急ぎの場合も業界ナンバーワンの店舗数・自動契約機設置数で、カード発行も可能です。平日14:00までに契約完了すれば、手持ちの口座に即日振込も可能です。
三井住友銀行・ジャパンネット銀行いずれかの口座であれば、会員サイトで登録することで24時間365日最短10秒で振込融資可能な便利なサービスもあります。

すぐにお金を借りたい時も最短即日融資で振込融資も自動契約機も大きく他社をリードするプロミス

すぐにお金を借りたい時は、やはりプロミスの多彩なサービスの即日融資が頼りになります。もちろんカードを持ってなくても今すぐ申込めば、他のカードローンよりも可能性は高くなります。即日融資以前の審査に通るかどうかの問題も、

 

  • 審査のスピード
  • 審査能力

どちらも申し分ない。審査から融資までのスピードは最短1時間融資ですし、三井住友銀行やその他の銀行カードローンの保証会社(審査代行)もしていますので審査能力も長けています

すぐにお金が必要なときに会社にいても、自宅に居てもスマホ・PCがあればその場で申込みができる。即日融資となると、

 

  • 平日14:00までに審査からオンライン契約まで完了すれば即日振込可能
  • 当日中に審査からオンライン契約まで完了すれば最寄の自動契約機で即日カード発行可能

(※どちらも審査結果による)
審査は21:00頃までしているという話(未確認)だが、早めの申込みがお金を借りる時ににプロミスを利用して即日融資を受ける為の秘訣。

『瞬フリ』はカード発行後のサービスだが即日振込時間を過ぎた場合にお金を借りたい時にも便利

即日振込みの可能時間帯は上記に述べた通りですが、その時間帯を過ぎてもどうしても即日振込みをしたいというのであればオンライン契約が完了しているのであればカード番号があるのでそのが『瞬フリ』の出番です。

引き落とし可能時間も過ぎているのでこういった場面は余りないかもしれないが、どうしてもプロミスの自動契約機がない・行く間がないというケースもあるかもしれないので紹介しておきます。

 

瞬フリなら24時間365日最短10秒で振込融資が可能なのです。ただし、三井住友銀行・ジャパンネット銀行いずれかの口座で、会員サイトで口座登録をした場合利用できます。


あと、

 

オンライン契約完了時にオペレーターにカード番号を聞いておくことは忘れないでください


瞬フリ』を利用するにはプロミス会員サイトにログインしなければならないのでカード番号と申込時に入力したパスワードが必要になるからです。

これでどうしてもすぐにお金が必要なときをプロミス申込で乗り切れるはずですよ。

プロミスなら在籍確認の電話以外の方法を相談できます!

プロミス限らず無担保でお金を貸し出すカードローンにとっては、債務者の返済能力を計る源になる職場への電話での在籍確認は必要不可欠です。しかしプロミスではこの

 

職場への電話在籍確認を電話以外の方法を相談できます。


在籍確認がいやでなければプロミスからの電話は担当者個人名で掛かってきますので職場の方にはプロミスからの在籍確認とは分かりません

初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録)もありますし、誰もが最初におりるであろう借入限度額の50万円での金利が消費者金融で一番低い17.8%なのでカードローンの中でも優れたカードです。相談する際は、

 

申込んで審査後にプロミスから携帯に申し込み内容の確認の電話が掛かってきますので、その際に相談すれば案内してくれます。


プロミスは在籍確認を電話以外の方法を相談・初回30日無利息・低額借入枠低金利

プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

プロミスレディース

実質年利 年4.5%~17.8%
借入可能額 最高500万円

会社への電話連絡が困る方にはありがたい在籍確認の電話を別の方法で確認できるプロミスはカードローンでも特別な存在です。例えば会社の休みの日に在籍確認が取れずに審査が完了しない時でも、別の確認方法を相談できるので、審査完了が延期になることもありません。

最短1時間融資も可能と融資スピードも早く、初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)利用可能ですので利息も抑えることが出来ます。

プロミスの在籍確認の電話のタイミングや在籍確認の流れ

お金を借りる時は、融資会社に融資の申込みをします。その際、自分の情報や職場の情報等を入力し申込みしますので、申込みを受けた融資会社は、その情報に伴い審査を行い融資を検討します。その後、自宅もしくは携帯等へ申込に対する確認をするためにまずは

 

「本人の希望とする連絡先」へ連絡し、内容に間違え等が無いかをチェックします。


その後は、融資に伴う返済能力を確認するために、職業に嘘が無いかを確認しなくてはいけませんので、職場には必ず在籍確認を行います

仮にプロミスへ融資を申込んだとすると、当然プロミスでも職場、職業に関する確認を行いますので、在籍確認は必ずします。職場への在籍確認は、返済能力をはかる上でも重要な部分ですから、

 

職場への在籍確認が無いというところはまずありません。


それがプロミスでも同様で、申込に伴い必ず職場への在籍確認は取りますので、融資を申込みすると必ず在籍確認をするという事は認識しておかなくてはいけません。

プロミスの在籍確認の手順

プロミスの在籍確認は、まず職場に連絡を入れるわけですが

 

「会社名を名乗り確認をするわけではありません」


ので

 

  • 「ちょっと在籍確認は困る‥」
  • 「誰にもばれたくないので電話は困る‥」

と不安に思う方も安心してください。つまりプロミスが在籍確認を行う場合、例えば「○○です。」と確認の際に申込者の職場スタッフが電話を取った場合は一昔のサラ金とは違い、

 

「橋本です(プロミススタッフ仮名)が、○○さん(申込者)はご在籍でしょうか?」


的な内容で連絡をしますが、そこで申込者が本当に働いていれば当然

 

「ただ今○○は席をはずしております。」


等と返答が得られます。そうする事により、申込者が

 

  • 「本当にそこで働いているか?」
  • 「申込内容に書かれている事が嘘ではないか?」

という部分が確認出来ることになりますから、プロミスの在籍確認で、誰かに融資の事がバレる事もありませんし、尚且つ本人が確認する際にそこに居なくても在籍確認は簡単に行えます。ただ、

 

プロミスの場合は電話以外の方法を相談できます


から、どうしても在籍確認が困る場合は、申込の際にその旨を伝え特に即日キャッシングの場合に交渉してみる価値はあると思われます。

プロミスの審査の中での在籍確認の流れ

プロミスでもその他のカードローンでも、在籍確認の電話を掛けるということは時間も掛かりますし、手間も掛かる作業ですから審査に通る可能性のない方にはしないのが現状です。なので、

 

必然と審査の最終段階で在籍確認を掛ける事になります。


それまでの審査過程で全て『可』の状態の場合だけ、在籍確認が行われることになりますので、確認後に否決されるということはまずありません。プロミスの審査の流れは、

 

ネット申込⇒プロミス側で与信の審査⇒不可でなければ申込内容の確認の電話を申込者に掛ける


申込内容の確認の電話で色々確認された後に、在籍会社への電話を掛ける事の承諾を求めてきます。別の方法を相談する場合はそのときに相談すれば案内してくれますし、電話されても大丈夫であればその電話を切った後に会社に電話が掛かる事になります。

自動契約機でカード発行する場合も、この際にオペレーターに伝えれば自動契約機での手続き方法を案内してくれます。この場合の在籍確認のタイミングは少し変わってきます

自動契約機でカード発行する場合は、自動契約機に行ってからの電話となります。なので自動契約機に行くまでは審査は完了しませんので、会社に誰か居る時間内に行かないと確認が取れないという可能性も出てきますので注意してください。

こんな場合プロミスの在籍確認はどうされるの?

会社に居ない時にプロミスから在籍確認の電話が掛かってきたらどうなる?

 

電話が掛かってくる時は営業で外回りに出てるので電話に出れないけど大丈夫?


在籍確認をする目的はあくまで現在も継続して在籍会社から給与を貰っているのかどうかなので、電話時に会社に居るかどうかの確認ではありません。会社に居ない場合はこんな感じのやり取りになるはずです。

 

もしもし?△△株式会社さんですか?○○さんはご在籍ですか?


 

申し訳ございません。○○は只今外回りで席を外しております。


この内容で○○さんが△△株式会社に在籍していることは確認できますよね。なのでこのやりとりで確認できますので、必ずしも会社に居る必要はないのです。

アルバイト・パートでも勤務先にプロミスから在籍確認の電話が掛かってくるのでしょうか?

 

パートしてるのですがプロミスの申込んだらパート先の職場に電話が掛かってくるのでしょうか?


プロミスも他のカードローンでも、無担保でお金を貸す訳ですから、アルバイトやパートの方などに小額を貸す場合でもきっちり在籍確認は行われます。しかしアルバイト先やパート先の職場に私用の電話を掛けてこられるのはあまり嬉しい事ではありません。

 

おいっ!バイト!私用の電話を会社に掛けさせるんじゃねえよ!


こんな社員さんも居るかもしれません。でもプロミスならアルバイトやパートでも電話とは別の確認手段を相談できるので安心ですよね。パート仲間や社員さんに色々いわれたりすることもないので安心です。

勤務先が休業日の場合電話を掛けられても誰も出ないですが大丈夫ですか?

 

会社の休みの日にプロミスに申込んだけど、会社に電話しても誰も出る人居ないけど大丈夫?


こういった場合は通常どのカードローンでも、会社の翌営業日まで在籍確認は保留され、契約もその時までできませんのでその日のうちに融資を受けることができません。

 

それは困ります!今日お金が必要なのに・・・


 

安心してください。プロミスなら会社への電話確認以外の方法を相談できるのはこういった場合も役立つのです。


ですのでプロミスなら会社の休みの日でも在籍確認を取る事が可能で、つまり最短即日融資も可能なのです。

プロミスのインターネット申込を他社と比べた場合

大手消費者金融のプロミスでは直接店頭の窓口から申込を行う方法の他に、電話での申込や郵送での申込にも対応しており、自動契約機を利用したり、ネットから申込を行うことも可能です。また自動契約機はプロミスが設置しているものだけでなく、

 

グループ会社である三井住友銀行のローン契約機を利用することもできるのでとても便利です。


大手消費者金融のネット申込みの特長

ネットからの申込は大手消費者金融ではその他にアコムやアイフル、SMBCモビットでも行うことができますが、SMBCモビットではこのネットからの申込の際に行われる審査の最終段階である会社への在籍確認を電話連絡なしで行え、プロミスの場合は申込み完了後に相談できます。

 

SMBCモビットのWEB完結による申込みの場合は条件をクリアできないと利用できないのかぁ・・・


SMBCモビットの場合に必要になる書類は会社から支給されている社会保険証及び三井住友銀行もしくは三菱UFJ銀行の口座がある事が条件です。この2点の条件をクリアする事で申込みが可能となり在籍確認を電話連絡なしで手続きを完了させることが可能です。

 

プロミスなら煩わしい申込み条件がないので利用できる人の属性も広いです。


但し、前述の通り、所持している保険証の種類が限定されたり指定された口座を持っていることで申込みが可能となりますが、プロミスは電話による在籍確認に関して相談できるネット申込みの条件に保険証の制限や指定された銀行の口座を持っている必要はないです。

 

ですが、申込完了後に必ず電話による在籍確認に関して相談したい旨を伝える必要がある点を忘れてはいけません。


ネット申込みによるプロミスの即日融資の優位性

アコムやアイフルでもネットから申込を行うことができますが、即日融資という点においてはプロミスの利用が便利です。何故なら

 

  • 三井住友銀行の口座
  • ジャパンネット銀行の口座

を持っている場合、申込を行った日のうちに審査を通過することができれば、時間を問わずにそれらの銀行への振込で融資を受けることができるからです。その他の銀行への振込を希望する場合は平日の14時50分を過ぎてしまうと口座に反映されるのは

 

その他の銀行口座でも平日の14時50分迄に受付を完了できれば即日振込んでくれるのかなぁ・・・


銀行の翌営業日になってしまいますが、三井住友銀行かジャパンネット銀行の場合は時間に関係なく、即時に口座に反映される借入を行うことができます。またこの場合、平日や休日は問いません。銀行が営業を行っていない日でも即時に口座まで反映されます。

これはプロミス独自の瞬フリというサービスでネットからの操作で簡単に行うことができます。このようにプロミスのネットからの申込はかなり利便性が高いと言えます。

在籍確認の相談以外でプロミスで借りるメリットとは?

上限金利が低い

プロミスでは上限金利が低い事がメリットの一つです。他の消費者金融では18%が圧倒的に多い中、17.8%で低い水準となっています。

- 上限金利
プロミス 17.8%
アコム 18.0%
アイフル 18.0%
SMBCモビット 18.0%
レイク 18.0%

下限金利で比較して他の金融業者をオススメしている場合がありますが上限金利で比較しないと全く意味がないのです。それはなぜか?

 

はじめに貰える借入枠では上限金利になる可能性が高い


からです。金利はお金を借りる上で重要です。特に長期返済を検討している場合や長期返済になってしまった場合には金利によって返済額は大きく左右されます。

無利息サービスがある

さらに初回30日無利息サービスもあります。初めて利用するときに申し込むと、30日間無金利で融資を受ける事ができるサービスとなっています。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可)

メールアドレスの登録とウェブ明細の利用登録が必要ですが、一時的なお金が必要ですぐに返せる目途が立っている場合にはおすすめです。特に給料日数日間を乗り切るためのお金が必要な時は、便利です。

ポイントサービスもある

さらにポイントサービスもあります。ポイントが多く溜まるほど、無利息の期間が追加されます。一例としては、400ポイントで15日間の無利息が受けられます。ポイント溜まるほどお金を借りなければ利用できないという事も無く、ポイントサービスに申し込んだ時点で100ポイントはもらえます。

審査の時や融資の後に収入証明を提出することで、160ポイントもらえるなど特典が多いです。

振込口座を選ばない

また融資されたお金は即時振込が可能な銀行口座に対応しています。今必要!という緊急時の融資を希望される場合に有効的です。

大概の消費者金融が30分の審査時間となっていますが、プロミスでも審査時間も最短30分とスピーディーです。また、お試し審査というのがあり、公式ページにて借り入れができるかどうかについて確認する事ができます。

総量規制の例外の『貸金業法に基づくおまとめローン』の際にはしっかり在籍確認の電話を受けるのが無難

SMBCコンシューマーファイナンスは消費者金融ですから総量規制の対象業者です。総量規制では

 

年収の1/3以上貸金業者は個人に貸してはいけない


ということになっています。これはプロミスだけではなく、他の貸金業者の借入も合わせての話なので合計して計算しなければいけません。しかしこの法律は金融業者側を規制する法律なので、利用者がしっかり合算する必要はなく、万一年収の1/3を超えて借りても罰せられることはありません。

 

しかし利用者側もしっかり合算して総量規制の範囲での借入を申込まないと審査に通らないということになります。


なぜなら貸金業法の改正時に対象業者全てに信用情報機関の加入を義務付けており、

 

利用者の申込みがあった時点で審査の際に信用情報機関へ照会すれば、全ての対象業者の借入がわかるシステムになっていますのでごまかしはききません


年収の1/3以内の借入なら審査結果にもよりますが、申込みには問題はありません。しかしこれを超える場合は下図を見てそれに対応したプロミスのローン商品を申込みましょう。

総量規制の例外のプロミスの対応

配偶者貸付

収入のない専業主婦(主夫)の貸金業者での借入を救済するための措置が配偶者貸付です。以下のような条件で専業主婦の貸金業者での借入を例外で認めています。

 

安定収入のある配偶者と専業主婦(主夫)の借入額の合算額=安定収入のある配偶者と専業主婦(主夫)の年収の合算額の1/3以下


要するに旦那さんと合わせて年収の1/3までなら貸してもいいというこれも業者側への措置です。しかしこの措置を適用して専業主婦(主夫)への申し込みを受け付けるか受けつかないかは業者側の判断になります。この配偶者貸付には他にも条件があり、

 

  • 配偶者の同意書
  • 配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票など)

をこの例外措置をとる場合には申込者より回収しなければなりません。そういった事務的手間やなにより旦那(配偶者)の同意を得なければならないということがネックになりますので

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスでは他の大手消費者金融と同様に配偶者貸付は利用していません。


要は収入のない専業主婦は申し込みを受け付けていないということです。

顧客に一方的有利な借り換え

貸金業者は年収の1/3を超えて個人には貸せませんが、おまとめローン・金利が低くなる借り換えなどはこれを超えて貸付してもいいという措置が顧客に一方的有利な借り換えです。

借り換え例

年収300万円の方がアコムで50万円、SMBCモビットで50万円借りていたとしましょう。この二件の借入をプロミスでまとめたい。一件の借入が100万円になるので金利も下がりますし、返済も一回で済みます。返済金額も低くなるでしょう。

しかし申込みの際にはアコムで50万円、モビットで50万円の借入が残っており、新たにプロミスで100万円の借り入れを申し込むとなると一時的に200万円となり総量規制の枠を超えてしまいます

こういった場合の利用者の救済措置が顧客に一方的有利な借り換えなのです。

 

プロミスの場合貸金業法に基づくおまとめローンという商品でこの『顧客に一方的有利な借り換え』を適用しています。


ただし、『顧客に一方的有利な借り換え』であることを完遂するため、借り換えの為に融資されたお金は直接残債もとの業者へプロミスから返済代行されることになります。上の例での流れを図にすると、

のようになります。そしてこれ以上余分な借金をしないように借り増しはできないようになっています。もちろんある意味で完済に向けて集中できるような仕組みになっています。

こういった特殊な仕組みになっている商品ですので申込みの際は、

 

ネット申し込み後にプロミスに電話して『貸金業法に基づくおまとめローンを利用したい』と伝えなければいけません。


この意思をしっかりプロミスにわかるようにしておかないと総量規制の範囲を超えてしまうので審査に落ちてしまうということになります。

プロミスの貸金業法に基づくおまとめローン

借入可能額 300万万円まで
実質年率 年6.3%~17.8%
借換え対象となるローン 消費者金融やクレジットカードのキャッシングなどの無担保ローン(貸金業者からの借入)。
※銀行のカードローンやクレジットカードのショッピング枠は対象になりません。

個人事業主への貸付

個人事業主への貸付は年収の1/3を超えて貸してもいいという措置です。通常のフリーキャッシングでは事業性の利用使途はNGになっていますが、

 

プロミスでは個人事業主の生計費および事業費に限り融資可能な自営者カードローンがあります。


プロミスののフリーキャッシングの必要書類に

 

  • 収入証明書類(※フリーキャッシングの場合も借入額が50万円を超える場合は必要)
  • 事業実態を疎明する書類(営業許可証有効期限内のものや受注書、発注書など発効日が1年以内のもの)

が必要になってきます。

プロミスの自営者カードローン

借入可能額 300万万円まで
実質年率 年6.3%~17.8%
資金使途 個人事業主の生計費および事業費に限る

プロミスは在籍確認の方法によるメリット以外にも審査をしっかりしてくれるのもメリット

プロミスは他の方法ではお金を借りることが出来ない人でも、貸してくれる可能性があります。そのためこんな条件じゃ借りることが出来ないなと思っている方でも、お金を貸してくれるかもしれません。

 

これは厳しく見ていない所があるのではなく、本当に貸せるかどうかを見極める審査能力があるということです。


そのため借りたい時に助けてくれるのはプロミスの良さだと思います。特に借金を多く抱えている人でも、負債金額に対して返済のめどが立つ収入があれば借りられるようになっているのは大きい部分です。

借りられる金額こそ制限される傾向にありますが、それでも借りられる金額を提供してくれる所は助かります。他の消費者金融だと審査に落とされることがある位なので、プロミスの対応はしっかりしているということを考えられます。

 

パートやアルバイトのように、非正規雇用者でも借りられるのはかなり大きな部分


であり、本当にお金に困っているなら利用するという方法もあります。そしてプロミスは会員サービスが優れているというメリットを持っています。基本的に借りられる金額というのは他社と同じくらいと思って欲しいですが、会員サービスを利用することで、それなりに利息を抑えることができます。

特にポイントサービスのポイントを貯めると無利息サービスを2回目以降も利用できるという点は非常に大きなポイントであり、利用して安心できる部分とも言えるでしょう。プロミスにはこうしたメリットだけでなく、他にも優れていると感じられるポイントが多いです。安心して利用できる会社ですし、他の会社寄り支払いを減らせるメリットは大きいです。

プロミスの3秒診断はあくまで明示した条件の審査

結論から述べるとプロミスの公式サイト上にある3秒診断は、入力した条件だけで審査するならば、おそらく融資可能であるという情報提供サービスになります。

 

ですが、プロミスの本審査は無論、3秒診断に必要な年齢や年収、債務額だけで判断するわけではありません。


上記の項目の他に、

 

  • 事故歴や業務歴
  • 勤続年数や在籍確認の有無

など融資には欠かせない必要情報が求められる為に、その結果次第で3秒診断の結論に関わりなく審査基準は上下する事になります。このように解説すると、プロミスの3秒診断には存在価値はないではないか、と思われる方もいるかもしれません。ですが、プロミスの3秒診断は融資を受けるためのテストと考えるのではなく、

 

融資できないケースを教えてくれる為の診断だと解釈すると非常に便利なサービスだと理解する事ができます。


まず、プロミスの3秒診断で提供する情報が融資において最も重要な要素である点に間違いはありません。従って、他の条件をいくら達していてもこれら3点の条件を達しない限りは融資を受ける事は難しいと教えてくれているです。

また、他に必要とされる資金需要者の個人情報や勤務先情報、特に職場確認などは融資を受ける身としても提供するのに抵抗を感じるところです。

そのような高度の個人情報を、そもそも審査に通る事もできないのにプロミスに提供してしまうというリスクを避ける意味において、3秒診断が存在する価値は十分に存在すると言えるでしょう。有効活用する事によって無駄な情報提供の手間とリスクを省く事ができるのです。

金融庁

プロミスなどのカードローンに申込んだ際の在籍確認の電話の体験談

 

消費者金融4社からの借り入れを一本化するために、平成28年9月にメインで利用していた三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックに申込みました。テレビCMでもお馴染みのあのカードです。借入合計は200万円で、年収800万円の会社員としては決して少なくない額です。

あまりに簡単に契約できるため後先考えずに利用したために、多重債務状態に陥ってしまいました。返済は何とかできるのですが、利息負担の大きさに何とか低金利のカードローンに借り換えたいと考えていました。

申込を済ませると翌日に仮審査通過の電話連絡があり、本人確認書類と源泉徴収票を提出することになりました。これで少しは楽になるとほっとしていたところ、外線で電話がかかってきました、受けたのは事務の女性社員ですが、三菱UFJ銀行からお電話です。

そうです、在籍確認の電話連絡なのですが、個人名ではなく銀行名でかかってきました。利用中の消費者金融の場合にはすべて個人名での電話であったため、今回も個人名とばかりに考えていましたがうかつでした。私の場合、営業ですので電話はそこそこかかってきますが、最近ではメールのほうが主ですし、さすがに銀行の顧客はいませんので困惑してしまいました、いかに天下の大銀行とは言え、社名出すなよと内心思ってしまいました。

とはいうものの、毎月の返済額は大きく減少し利息負担も少なくなったため、余裕ができた分は繰り上げ返済に回してなるべく早く完済したいと考えています。


 

私がお金が必要になったときに利用したのは、プロミスレディースローンでした。他にもたくさんのキャッシングサービスがあったのですが、何故その中のプロミスレディースローンを利用したのかと言うと、やはりいろいろとうれしいサービスがたくさんあったからです。

まず女性の場合は、レディースキャッシングなら必ず女性オペレーターが対応してくれるので、気軽に利用することができるということがあります。私はアルバイトで働いているのですが、そうなるとやはり他のキャッシングサービスの場合は、審査に通るのが少し難しいことが多いです。

ですが、プロミス(レディースキャッシング)の場合であれば、三井住友銀行カードローンなどの保証会社もしているくらいのカードローンなので、私のようなパート収入でもしっかりと審査をしてくれました。

主婦や学生などでも安定した収入があれば、申し込む事が出来るので、本来の返済能力があるかどうかというところをしっかり見てくれるのです。なので、プロミスレディースキャッシングなら気軽に申込むことが出来ると思い、選ぶことにしました。

また、WEBを利用して振込にて融資を受け取ることが出来るというのもよかったです。店舗まで行くとなると、少し一目が気になってしまいます。人に見られてしまうことを考えると、やはり少しキャッシングを利用するのを躊躇してしまいます。

ですが、WEBでいろいろな手続きを行うことが出来るのであれば、そのようなことを気にする必要がありません。その点が私にはとても嬉しかったです。そして他には、いろいろな申し込みをする際に、コールセンターに電話をすることがあったのですが、その際に対応してくれたのは女性ばかりでした。

プロミスレディースキャッシングでは、女性スタッフがすべて対応してくれるということだったのです。なので、それがとても話しやすかったです。やっぱり少し男性の場合は話しづらいと感じることなどがありますが、それを感じることがなかったのがよかったです。


Copyright© プロミスでお金を借りる※在籍確認はあるの?職場に電話があるの? , 2018 All Rights Reserved.