添付文書情報に関する注意事項

  • ここで提供している情報は、医療用医薬品(体外診断薬を除く)の添付文書の内容を各製薬企業において電子化したものです。書式等については、添付文書と異なるところがあります。(なお、実際の添付文書の書式等をほぼ忠実に再現するPDFファイルによる情報提供もしています。)

  • 添付文書が改訂された場合、改訂された最新の添付文書情報が製薬企業から提供され掲載されます。お手元の添付文書と内容が異なる場合がありますので、添付文書及び添付文書情報の改訂年月の記載をご確認の上、ご利用ください。

  • 自らが所属する医療機関、薬局等において使用することを目的とする場合を除き、情報提供者に無断で複製、転載、頒布する等の行為を禁じます。

  • 添付文書情報の内容については、各製薬企業にお問合わせ下さい。

  • 添付文書情報を閲覧される場合は、ご使用のブラウザの種類・バージョンをお確かめの上、本システムにて推奨するブラウザ(Netscape Navigator / Communicator Ver4.06 以上、及び Internet Explorer Ver.4.0 以上)をご使用ください。

  • 添付文書情報のダウンロードについて
    ダウンロードできるファイルの種類
    SGMLファイル(ZIP形式*)
    データベースの活用に適したテキストファイルであり、DTDファイルの定義に基づき、情報の内容をタグにより分類したファイル形式となっています。SGMLファイルをご利用の際には、DTDファイルが必要となります。SGMLファイルの利用方法等については、SGMLに関する出版物やインターネットのSGML関連ホームページ等を参考として下さい。
    DTDファイル(ZIP形式*)
    SGMLファイルの文書構造等を定義したファイルです。それぞれの添付文書情報にDTDファイルが付随されておりますが、添付文書情報に関するDTDファイルの内容は同一ですので、SGMLファイルを利用するにあたっては、1つのDTDファイルをダウンロードして下さい。
    2002年8月12日にDTDファイルがバージョンアップされました。以前のバージョンのDTDをお使いの方は、添付文書情報に付随しているDTDファイルをダウンロードしてご利用ください。
    PDFファイル
    添付文書のレイアウトを再現できるファイル形式であり、実際の添付文書の書式をほぼ忠実に再現しております。PDFファイルの表示にはAcrobat(R) Reader Ver.4.0以上が必要となります。Acrobat(R) Readerはアドビ社のサイトから無料でダウンロードできます。PDFファイルの提供がなされていない添付文書情報については、「PDFファイル準備中」となっております。これらは準備が整い次第、順次提供いたします。
    *SGMLファイル及びDTDファイルは、ZIP形式で圧縮されておりますので、解凍後使用して下さい。


    よろしいですか?

    yes no